MENU

SUNROCKERS SHIBUYA

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】第93回天皇杯・全日本バスケットボール

【試合結果】第93回天皇杯・全日本バスケットボール

11月25日(土)に開催されました第93回天皇杯・全日本バスケットボール選手権大会 第3ラウンド・第5回戦の試合結果をお知らせいたします。サンロッカーズ渋谷は下記の通り茨城ロボッツ(B2所属)に敗戦し、第3ラウンド敗退となりました。

【試合結果】
vs.茨城ロボッツ
●SR渋谷74-75茨城
1Q 17-16/2Q 16-22/3Q 27-17/4Q 14-20
<主なスタッツ>
#55ジョシュ 26PTS、11R、3ST
#6サクレ 12PTS
#0満原 11PTS、4AS
#9ベンドラメ 9PTS、5AS
BOXスタッツ

【レポート】
第1Q
満原、サクレ、長谷川、山内、菊池のラインナップ。茨城ボールからスタート、山内がスタートからボールプレッシャーをかけていく。サンロッカーズの初得点は満原の3P、その後も満原、サクレとシュートを打って行くがなかなか得点を重ねられない。24秒バイオレーションを奪うなど、プレッシャーディフェンスを繰り広げるも、タフショットを沈められてしまう。清水、ベンドラメ、ジョシュが入り、流れを変えていく。リードを奪われているものの、満原がドライブを決め、ジョシュの激しいディフェンスでターンオーバーを誘発し、ベンドラメ、満原と繋げリズムよくシュートを決めていく。ジョシュがジャンプショットを沈め、終了間際ベンドラメが3Pを決めると逆転。17-16で1Qを終える。

第2Q
清水、ソープ、ベンドラメ、広瀬、ジョシュのラインナップ。スタートからジョシュが3Pを決めていく。しかしながらその後はリングに嫌われ得点を重ねられない。同時に厳しいディフェンスをするが茨城にシュートを決められ、苦しい展開。流れを断ち切るようタイムアウトを請求。立て直したいところだが、タイムアウト明け茨城リックに3Pを含む連続得点を与えてしまう。ディフェンスも機能しなくなり、リバウンドを奪われセカンドチャンスを与えてしまう。ベンドラメの3P、ジョシュのゴール下、サクレのフックシュートなど応戦するも、リードを奪われたまま前半を終える。

第3Q
スターターに戻し、序盤から激しいディフェンスでリズムを作り出そうと奮闘。オフェンスは満原と菊池の連携プレーや、サクレがセカンドチャンスをものにしていくなどチームで攻め、点差を縮めていく。満原がバスケットカウントを決めると逆転。ディフェンスでも24秒バイオレーションを奪うなどリズムをつかみ、ジョシュが3Pを決めると一気に7点差まで引き離し、そのままリードを保って最終クォーターを迎える。

第4Q
清水、ソープ、ベンドラメ、菊池、ジョシュのラインナップ。開始早々ジョシュがペイントからシュートを決め、またディフェンスリバウンドから早い攻めでベンドラメが3Pを決めるなどリズムを作っていく。その後もディフェンスでハッスルし、菊池のスティールから清水がドライブで積極的にリングにアタックし、ファールをもらうと、茨城がタイムアウトを請求。その後もジョシュがバスカンを決めるなど流れをつかんだかに思えたが、相手にフリースローを含む連続得点を与え試合残り2分半のところで逆転を許す。互いに譲らない攻防が続き、試合時間残り13秒、サンロッカーズのスローインから1点を奪い返せず、悔しい敗戦となった。