MENU

サンロッカーズ渋谷

SUNROCKERS SHIBUYA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > ベンドラメ礼生選手による地域支援「しぶやこどもごはんプロジェクト」に約3,400食分のごはんで応援

ベンドラメ礼生選手による地域支援「しぶやこどもごはんプロジェクト」に約3,400食分のごはんで応援

サンロッカーズ渋谷・ベンドラメ礼生選手が新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけている地域経済、コミュニティを支援すべく、自身がデザインをしたオリジナルTシャツを販売し、その売上金を「しぶやこどもごはんプロジェクト」にコミュニティ支援協力金として寄付することとなりましたのでお知らせいたします。

コミュニティ新聞である恵比寿新聞(本社:東京都渋谷区、編集長:高橋ケンジ)が外出自粛要請期間中に立ち上げた「エビスこどもごはんプロジェクト」は、制限の多い生活の中で毎日の食事の用意に負担を感じ始めたお母さん・お父さんを支えるべく、子供たちにプロが用意する本物の味をリーズナブルに食べてもらいたいという地域の飲食店の協力をもとに、こどもサイズのお弁当を300円で提供するプロジェクトです。また、本プロジェクトは外出自粛で大きな経済的影響を受けている地域飲食店への支援に賛同する支援者からの寄付金などで運営をされています。

かねてから地域コミュニティを支える飲食店への支援、そして未来あるこどもへの支援を希望していた、ベンドラメ選手はこの活動に賛同し、この度、対象エリアを恵比寿からサンロッカーズ渋谷のホームタウンである渋谷区全域に拡大し「”しぶや”こどもごはんプロジェクト」として本活動を支援することになりました。緊急事態宣言が解除されたもののまだ給食や家庭支える方の生活も不規則であり、通常の生活に戻るまでには、引き続き地域での助け合いが必要です。今回の活動支援では約3,400食分となる協力金を寄付することになりました。協力対象店舗は随時明日6月2日(火)オープンする恵比寿新聞公式サイト(https://ebisufan.com/news/)内「しぶやごはんプロジェクト」サイトより発信してまいります。


<ベンドラメ礼生選手 コメント>

新型コロナウイルスの影響が広がるなかで、普段多くの方からの応援をいただいているアスリートとして何かできる支援はないかと考えていました。この僕の想いに、想像以上に多くの方からの賛同をいただくことができました。ご協力をいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
今回、この状況で生活が変わり、日々忙しさが増したお母さん、お父さん、そして毎日の楽しみが少なくなってしまったこどもたちを支援しようと、自らの店舗の運営も大変な時に立ち上がった飲食店オーナーの皆さんの心意気を知り、協力をさせてもらうことになりました。まだ、しばらくは思うようにならない毎日が続きますが、この活動を通して多くのこどもたちに、渋谷のプロの味の食事を楽しんでもらいたいと思います。そして、一日も早く、今回の支援に賛同してくれた皆さんや、地域の皆さんが、渋谷のお店で楽しく集える時がくることを願っています。僕もその日を楽しみにしています。


オリジナルTシャツ
「この拳でコロナを打ち破れ!そしてTシャツを着てストレスに負けない強い気持ちを持って欲しい」という気持ちを込め、バックには2019ー20シーズンともに戦った仲間たちの背番号を施したTシャツ(4,200円)を2020年4月26日(日)~5月6日(水)オンラインショップにて受注販売をし、配送までのすべての運用を選手自身が取り組みました。


■恵比寿新聞

メディアを通して地域の方々や恵比寿に縁のある方々同士、もっとコミュニケーションが活性化するようなきっかけになることを目的に運営されています。どこでもあるような情報ではなくよりマクロズームした恵比寿の情報を発信するのが恵比寿新聞のコンセプトとなります。
住所:東京都渋谷区恵比寿4-13-2
編集責任者:高橋賢次
URL:https://ebisufan.com/news/