MENU

サンロッカーズ渋谷

SUNROCKERS SHIBUYA

MENU
YOUTH

YOUTH

HOME > ユース > 活動レポート
 

活動レポート

ユース:2019年1月活動レポート

過去の活動レポートは以下のURLをご確認ください。
URL:https://www.hitachi-sunrockers.co.jp/youth/report/archive/

U12:2019冬合宿

1月4日(金)~6日(日)、U12は日立柏体育館で合宿を行いました。
年始早々でしたが、3ヵ月後にそれぞれが進級することを見越して3日間、徹底的に個人スキルだけに特化した合宿を行いました。また、久しぶりの合宿でサンロッカーズ渋谷ユース恒例の「食育」も実施しました。食事に苦戦する選手も前回より大きく成長した選手もさまざまですが、身体の強い選手になれるように今のうちからトレーニングを重ねました。

  • 円になってハンドリング練習

    円になってハンドリング練習

  • トップチームが使う広いコートでシュート練習

    トップチームが使う広いコートでシュート練習

東京都U15リーグ(3日目:最終日)

1月13日(日)、「平成30年度 東京都 U15リーグプレ大会」の順位決定戦が開催され、サンロッカーズ渋谷U15は初代王者を賭けて杉浦選手の母校でもある世田谷区立梅丘中学校と対戦しました。
試合序盤から劣勢に立たされていましたが、ベンチ含めて最後まで諦めない「サンロッカーズバスケット」を体現し、4Q後半から怒涛の追い上げを見せました。延長にもつれた試合は2点差で勝つことが出来、プレ大会とはいえ「初代東京都U15王者」となりました。
U12が7月に福島で、U14が12月静岡で結果を残す中で、中学3年生は夏の大会含めて悔しい思いをたくさんしてきましたが、最年長選手として優勝という結果をもたらしてくれました。

※参考:「戦績:U15戦績」https://www.hitachi-sunrockers.co.jp/youth/record/

  • オーバータイムに追い込んだ田島楓選手

    オーバータイムに追い込んだ田島楓選手

  • 攻めの起点となった高橋昌也選手

    攻めの起点となった高橋昌也選手

  • ファイトあるディフェンスを見せたキャプテン高須渓太選手

    ファイトあるディフェンスを見せたキャプテン高須渓太選手

  • 先輩に負けずボールを繋いだ小泉広翔選手

    先輩に負けずボールを繋いだ小泉広翔選手

  • 要所でシュートを決めた久保裕二郎選手

    要所でシュートを決めた久保裕二郎選手

  • 表彰後の集合写真

    表彰後の集合写真

U11:国際交流を兼ねた練習試合

11月、12月に続いて1月も20日(日)に国際交流を兼ねて練習試合を行いました。今回はサムソンユース含めてU11(小学5年生以下)を対象に行いました。
U12の大会がまだまだ国内で少ない中、どうしても小学6年生がメインになることが多くあり、サンロッカーズ含めて各チームが4月以降の新チーム作りとしてこのタイミングでU11の試合を行えたことは非常に有意義なことでした。課題も結果もたくさんの収穫があったので、その課題を踏まえこれからの日々の練習に励みます。

  • 木村ヘッドコーチの話を聞く選手たち

    木村ヘッドコーチの話を聞く選手たち

  • 試合後の集合写真

    試合後の集合写真

U15:CLIMBFactoryCUP参加

1月26日(土)~27日(日)にU15は國學院大學久我山高校で開催された「第3回CLIMBFactoryCUP」に参加しました。練習拠点である國學院大學が協力の下、高校生の大会に唯一、中学生チームとして招待してもらいました。
初日は久我山高校や帝京高校の前に苦戦するも、桐生第一高校に勝利。2日目は前日の結果を受けてトーナメントになりましたが、1回戦で日体大荏原高校、準々決勝で安田学園高校に勝ち、準決勝で再び久我山高校と対戦しました。高さだけではなく、体格、スピード、シュート力など全てで高校生には敵わず敗戦しましたが、高校の中でも強豪校が集う大会で得た経験はかけがえのないものになりました。(本大会はすべて10分ハーフゲーム)

  • 試合後の集合写真

    試合後の集合写真

  • 高校生との試合:TipOff

    高校生との試合:TipOff