MENU

サンロッカーズ渋谷

SUNROCKERS SHIBUYA

MENU
YOUTH

YOUTH

HOME > ユース > ユース:2020年12月活動レポート
 

ユース:2020年12月活動レポート

bj 2020 総合教育・生涯学習機関ECCカップU14大会

12月26日(土)~28日(月)の3日間で、静岡県静岡市で開催されたbj 2020 総合教育・生涯学習機関ECCカップU14大会に出場しました。
大会前日に現地入りをし、静岡県清水市にある清水ナショナルトレーニングセンターの体育館をお借りして前日練習を行いました。
宿泊場所は毎年お世話になっている「日本閣」に泊まりました。毎日の美味しいご飯のおかげで選手は良い状態で試合に臨むことができました。

 

26日(土)は各ブロックにチームが振り分けられ、4チームでの予選トーナメントが行われました。
1試合目はフロンティアスピリッツ(大阪)と対戦。序盤は硬さが見られ苦戦を強いられるが、#13井伊を中心にリズムを掴み60-46で勝利しました。
2試合目は伊東南(静岡)と対戦。ハードなディフェンスからブレイクの得点をあげ「サンロッカーズらしさ」が全面に出たゲーム展開になりました。またベンチメンバー全員の出場も記録し90-39で勝利しました。予選トーナメントを1位で通過し翌日の決勝トーナメントに駒を進めました。
27日(日)、決勝トーナメント1回戦目は富山グラウジーズと対戦。76-31で勝利を収めました。決勝トーナメント2回戦目はKAGO CLUB(鹿児島)と対戦。45-40で勝利を収め、準決勝へと駒を進めました。
28日(月)の準決勝は千葉ジェッツと対戦。一進一退の攻防が続く中で、#0松下のオフェンスリバウンドや#91浅野のスリーポイントシュートが要所で見られ55-53で接戦をものにしました。
決勝は前回大会優勝チームである名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦。相手の得点力の高さや強固なディフェンスを前になかなかリズムが作れず32-56で敗戦しました。
今大会のBEST5に井伊拓海・北折心飛の2選手、優秀選手賞に斎藤隆大が選出されました。優勝は逃してしまいましたが、決勝までの道のりの中でチームや個人にとって大きく成長できた大会になりました。そして何より、コロナ禍の厳しい状況にも関わらず大会に招待していただき試合の機会を与えてくださった大会関係者の方々に深く御礼申し上げます。
2021年は更にレベルアップ出来るようにチーム一丸となって頑張って行きます!!皆さん良いお年をお迎えください!